スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【碧の軌跡】水着ティオ 着色なう

111017_20111019175217.jpg

なう

三章の二日目にいます。
支援要請が楽しいです。

ICOクリア記念イラスト

111004ico s
pixivに原寸があります。

PS3版「ICO」クリア記念のようなもの。
10年前のゲームとはいえ、HDリマスターによって新鮮な気持ちでプレイすることができました。
名作は色褪せませんね。

「ICO」は私の中で最も印象深いゲームです。
11才の時にお父さんが買ってこなければ、おそらく長くプレイすることは無かったでしょう。
「宝石のようなゲーム」というパッケージ裏の紹介文に惹かれてゲームを始めてみて、衝撃を受けました。
アイテムも体力ゲージもない。
聞こえるのは鳥の声や風の音などの環境音と、自分と少女の声のみ。
ゲーム内で明確に目的が示される訳でもなく、巨大な城の中を非力な少女を導いて進んで行く。
そんなシンプルなゲームデザインは、当時あまりゲームに思い入れが無かった私をのめり込ませ、
ゲームって凄いと初めて思わせてくれました。

まさに「宝石のようなゲーム」です。

軌跡シリーズ最新作!「英雄伝説 碧の軌跡」購入

英雄伝説 碧の軌跡(完全予約限定版:ねんどろいどぷち「ティオ」「エリィ」、オリジナルドラマCD同梱)英雄伝説 碧の軌跡(完全予約限定版:ねんどろいどぷち「ティオ」「エリィ」、オリジナルドラマCD同梱)
(2011/09/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


ねんどろいどって意外にかわいいですね。

練られたシナリオと丁寧な作りが魅力のRPG、軌跡シリーズの最新作である「英雄伝説 碧の軌跡」。
ティオとエリィのねんぷちと、オリジナルドラマCDが同梱された完全予約限定版を購入しました。

毎日少しずつ進めて、今は2章の終盤あたりをプレイしています。
街の人との会話が楽しくて、ついつい全員と会話しようとするので、
プレイ時間は既に20時間を超えました。

やりこみ要素の1つである本集めも、無事に4巻まで進んでいます。
イベントの合間にも会話は変わるので、その少しの間を見逃さずに探索すれば、
全巻収集も夢では無いかもしれません。
前作では、その落とし穴に嵌ってしまいましたから。

ドラマCDはゲームを始める前に聴きました。
前作のエピローグになっていて、特務支援課が解散した経緯が描かれています。
解散の理由があまり重いものでは無かったので安心しました。
2章では全員が集結して特務支援課が復活したので、
前作を思い出してさらに楽しく遊んでいます。

ヒロイン二人のねんぷちも本当にかわいらしいです。
フィギュアの類を触るのは初めてでした。
組み立て作業に戸惑ったり、置き場所に困ったりもしましたが、
パーツ一つ一つが細かいところまで作られていて、
フィギュアって凄いなと感心してしまいます。

小さいので意外に場所も取りませんでした。
机の隅に並べて置くと癒されますね。

111006_121410.jpg

ブックレットが豪華!PS3「ICO/ワンダと巨像 Limited Box」購入

110922_153116_20110922165423.jpg

今日Amazonから届きました。
カラフルなパッケージが綺麗。
個人的に両作品のイメージカラーはセピアだったので、このようなデザインは意外でした。
高級感があってとても良いです。


110922_153324_20110922165422.jpg

中身はこんな感じ。
特典でブックレットと、ダイナミックカスタムテーマとアバターが入手できるプロダクトコードがついています。
ICOのカスタムテーマは「籠の中のヨルダ」だそうで...!
ワンダの「空中庭園」も良さそうです。


110922_153425_20110922165421.jpg

ブックレットには、上田文人さんが描いたミニポスターがついていました。
鳩を追いかける様子が微笑ましいです。

任天堂・SCEカンファレンス2011 感想

任天堂のカンファレンス、結構好印象でしたね。
学校が文化祭の代休だったので、運良く生放送で観ることができました。

個人的に気になったニュースを箇条書きでまとめておきます。
かなりの私見で申し訳ないですが。

・Wii「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の発売日が11月26日に決定!
・3DS「マリオカート7」の発売日が12月1日に決定!
・3DS新色『ミスティピンク』10月20日発売
・2012年 ルイージマンション2
・2012年 どうぶつの森
・2012年3月 HATSUNE MIKU プロジェクトミライ
・2012年 ブレイブリーデフォルト


なかでも、ゼルダとどうぶつの森は本当に楽しみです。
ゼルダの開発者の宮本さんが自信を持ってプレゼンしていたので、これは期待できそうです。
ただ、今作の剣を振る操作を楽しむにはモーションプラスが要るみたいです。
できれば同梱してくれたら嬉しいな。

ブレイブリーデフォルトはグラフィックの雰囲気が好みですが、DSで発売された、光の4戦士の続編と言っても良いような印象。
光の4戦士はシステム面での批判が多いようなので、果たして改善されているのかが気になります。

カンファレンス最後に公開された、モンハン4のデモはかなり衝撃的でした。
3rdGのOPかなにかだと思っていましたが、最後に4の文字がドーンと(笑)


対して本日行われたSCEのカンファレンスですが、あまり目新しい情報はありませんでした。

・PS Vitaの発売日が12月17日に決定
・「ファイナルファンタジーX」のHDリマスター版が発売決定
・PS Vitaのロンチタイトル数が26と判明

個人的に発表が聞きたかったタイトルが無いので、VITAを発売日に買うのは控えようかな。
今はタイトルが少なくても、VITAの性能なら…ということで、来年末に期待します。
プロフィール

ゆっか

Author:ゆっか
■1994/5/27
■高校生
絵描いてます。

イラストギャラリー
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。